色文字リンク。タップするとページ内移動

格安スマホ50社プラン内容掲載中

↓サイト全体リンク
●【格安スマホ解説 トップページ

2016年09月30日

音声通話プランとデータプランの違い

■ 音声プラン
090、080、070から始まる電話番号で電話ができ、SMSも送受信可能。
データ通信(インターネット)もできる


■ データプラン
データ通信(インターネット)しかできない。任意でSMSオプションをつければSMS送受信が可能

通話はIP電話(インターネット回線で通話する電話)なら使える
LINEでんわ 050PLUS スカイプ LaLaコールなど
posted by 格安スマホのノウハウ at 22:03| Comment(0) | ドコモ回線の格安スマホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Androidからデータ移行する方法

1. Android設定から「アカウントの追加」→「GOOGLE」と進んでGOOGLEアカウントを作成

GOOGLEアカウント作成方法
検索でGOOGLEアカウント作成ページを検索。
作成ページで登録に必要な情報を入力する「名前」 「ユーザー名」 「パスワード」 「生年月日」 「性別」


認証番号を入力し「国/地域」を選び最後に同意する。

2. Android設定から「アカウントの追加」→「GOOGLE」と進み、GOOGLEアカウントのアドレスとパスワードを入力

3. アプリ連系の設定画面にて「連絡先」と「カレンダー」をオン(または同期する)

●新端末設定

1. 設定から「アカウント」を選択し「GOOGLE」を押す

2. GOOGLEアカウントに先程設定したアドレスとパスワードを入力

3. アカウント内で「連絡先」と「カレンダー」をオン

4. データ移行完了


■ データを一括移行する方法
条件 バックアップアプリ「JSバックアップ」を使う

1.  GOOGLE PLAYストアから「JSバックアップ」をインストール

2. JSバックアップ設定から「クラウド管理サーバを利用する」を選択

3. 「かんたんデータ移行」を選択し「データを取り込む」無料プランを選択

4. 「QRコード読み取り」を選択し、カメラでQRコードを撮影

5. パスワードを設定して「このパスワードで実行」

6. データ取り込みスタート

●新端末にデータを移行

1.  新端末でもJSバックアップをインストール

2. 「かんたんデータ移行」→無料プランの「データを取りだす」を選択

3. 取り込み時に設定したパスワードを選択

4. データの取り出しスタート

5. データ移行完了
posted by 格安スマホのノウハウ at 21:06| Comment(0) | 携帯乗り換えの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IPhone→Androidへのデータ移行方法

電話帳とカレンダーの移行。

1. IPhone設定から「アカウントの追加」→「GOOGLE」と進んでGOOGLEアカウントを作成

GOOGLEアカウント作成方法
検索でGOOGLEアカウント作成ページを検索。
作成ページで登録に必要な情報を入力する「名前」 「ユーザー名」 「パスワード」 「生年月日」 「性別」


認証番号を入力し「国/地域」を選び最後に同意する。

2. IPhone設定から「アカウントの追加」→「GOOGLE」と進み、GOOGLEアカウントのアドレスとパスワードを入力

3. アプリ連系の設定画面にて「連絡先」と「カレンダー」をオン(または同期する)

●Android設定

1. Android設定から「アカウント」を選択し「GOOGLE」を押す

2. GOOGLEアカウントに先程設定したアドレスとパスワードを入力

3. アカウント内で「連絡先」と「カレンダー」をオン

4. データ移行完了


■ その他データ移行
条件 バックアップアプリ「JSバックアップ」を使う

1. IPhoneのAPPストアから「JSバックアップ」をインストール

2. JSバックアップ設定から「クラウド管理サーバを利用する」を選択

3. 「かんたんデータ移行」を選択し「データを取り込む」無料プランを選択

4. 「QRコード読み取り」を選択し、カメラでQRコードを撮影

5. パスワードを設定して「このパスワードで実行」

6. データ取り込みスタート

●Androidからデータを取りです

1. AndroidでもJSバックアップをインストール

2. 「かんたんデータ移行」→無料プランの「データを取りです」を選択

3. 取り込み時に設定したパスワードを選択

4. データの取り出しスタート

5. データ移行完了
posted by 格安スマホのノウハウ at 17:47| Comment(0) | IPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

データの移行方法

IPhoneからIPhoneへのデータ移行方法

IPhoneからAndroidへのデータ移行方法

Androidからデータ移行方法

※稀に、データ移行に失敗したりデータが消滅することがあります。
あくまで自己責任で行ってください





posted by 格安スマホのノウハウ at 15:17| Comment(0) | ドコモ回線の格安スマホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IPhoneからIPhoneへ、データ移行する方法

■ IPhone→IPhone

●「ICloud」を使う 
条件 WIFI(無線LAN)環境が必要

バックアップ(一時的にデータをまとめて一か所に保存)
1. IPhone設定からWIFIにつなげる

2. 設定からICloudを選ぶ

3. ICloudでAPPLE IDとパスワードを入力しサインイン。

4. バックアップを押して(ICloudバックアップがONになってることを確認)、今すぐバックアップを作成を押す

5. バックアップしたいデータを選択する


データの復元
条件 新IPhoneが初期化状態(工場出荷状態)である

1. スライドで設定を押し、日本語を選択。

2. 国を日本に設定し、ご利用されるWIFIネットワークを選択

3. 前回バックアップした時に使ったWIFIを使います

4. WIFIパスコードを入力し、WIFI通信出来る状態にする。

5. 「IPhoneを設定」という画面が出るから「ICloudバックアップから復元」を選択

6. APPLEIDとパスワードを入力して次へ

7. 利用規約に同意し、バックアップデータを選択

8. 再起動され、前IPhoneのデータが復元される。


● ITunesを使う
条件 パソコンが必要

バックアップ
1. パソコンで「ITunes」を起動
※ITunesはAPPLE WEBサイトからダウンロードできる

2. Windowsの場合:画面左上部にある□をクリック。
   Macの場合:画面左上部にある「iTunes」をクリック。

3. 設定(MACは環境設定)を選ぶ

4. デバイスを選択

5. 「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない(P)」にチェックを入れOK

6. IPhone付属ケーブル(ない場合はAPPLEストアで買う)でパソコンとIPhoneを繋ぐ

7. パソコン右上のIPhoneをクリック

8. 今すぐバックアップを選び、バックアップしたいデータを選択
最新のバックアップの下に時間が出た場合成功。

データの復元
条件 新IPhoneは初期化状態である

1. スライドで設定を選択

2. 言語、国、使用キーボードを選択

3. モバイルデータ通信を使用 もしくは WIFIネットワークを選択 を選び、通信ができる状態にする

4. 「ITunesバックアップから復元」を選ぶ

ラベル:iPhone
posted by 格安スマホのノウハウ at 15:09| Comment(0) | IPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介